ようこそ

過去⇒62kg
現在⇒53kg 身長167cm

看護師暦4年目の中堅ナースです。
ストレスから1年で10kg増。これじゃいかんと奮起し、半年でー10kg!ダイエットに励むナースの手助けになれればと、サイトを立ち上げました。

生活習慣

生活習慣

不規則な仕事

日勤・準夜勤・深夜勤。入院施設があるところで働く看護師さんの勤務体制は過酷です。不規則な仕事なので、生活リズムはめちゃくちゃ。あのころはひどい便秘に悩まされていたものです。朝食を食べたり食べなかったり、夕食が遅い時間だったり脂っこいものばかり食べていたり・・・。あの頃は自分なりに気にしてトクホの黒ウーロン茶なんかを飲んだりしてましたけど、食べる時間帯・量・質が最悪だったので、効果は全く感じられませんでした。ひどいときで1日1食の時も。食事の回数が減ったのに、それでも上手に体系を維持(もちろん肥満体系の)しているのが不思議でした。痩せなかったのは、空腹が続いて飢餓状態のときに、人の体は次回の食事で多く栄養を摂取するから。だから脂肪がつきやすいとのこと。そこで食事の内容を少量にしたり、低カロリーのものだと良かったんでしょうね・・・。

夜型人間

看護師さんの中には、夜勤専従で働く人もいます。短時間でも常勤で働くのと同じくらい稼げるので、将来のためにお金を貯めている看護師さんに人気の働き方です。でも完全に夜型の人間になってしまうと、心配なのは食生活。太りやすいドストライクの時間帯にご飯を食べるので、どんどん体重が増えていきます。とくに夜勤は病院にいる時間が長い。体力勝負なので、食べずにはいられません。私も実際に夜勤のときはお弁当やパン+コンビニスイーツ。デザートが楽しみで働いたと言っても過言ではありません!でも、夜は朝・昼に比べて本当に太りやすい時間です。太りやすい体質の人はとくに自分で節制しないと痛い目見てしまいますよ。

運動不足

力仕事や立ち仕事が多く、忙しいときにはバタバタと駆け回っているイメージの強い看護師。ハードな仕事であることは確かですが、運動不足を感じることが多々あります。もちろん仕事中は、ヒマだなんて感じるときはありませんので常にきびきび動いているでしょう。でも問題は休日です。休み前は何をしようか考えるのが楽しみなんですが、いざ休みの日になるときつくて眠くて家でダラダラ。私の場合もともと出不精なんで、家から一歩も出ないことは珍しいことではありません。そして食べるのはデリバリーなんかで済ませちゃう。とにかく、運動量は病院(仕事)だけで十分なんて甘い考えはいけません!ゆっくりする日も、もちろんあっていいと思いますが慢性化すると肥満のもと。なるべく動く癖をつけましょう。

よく読まれている☆人気記事

仕事のストレス 仕事のストレス
人の命を預かる看護師に失敗は許されません。日々、尋常じゃないプレッシャーを感じている私たちにとって、仕事=ストレスになりがち。ストレスの捌け口が、食になったしまった看護師に待っているのがおデブちゃんへの道だった・・・。
続きを見る

無理しすぎのダイエット 無理しすぎのダイエット
慣れない運動や急激な食事制限など、無理なダイエットは体にとってあまり良くないことばかり。私が実際に経験した、肉離れの恥ずかしいエピソードをご紹介しています。私を反面教師にして、体に負担の少ないダイエットを目指しましょう!
続きを見る

ダイエット方法は組み合わせ ダイエット方法は組み合わせ
私が実際にチャレンジして減量に成功できた、組み合わせのダイエットメニューをご紹介しています。あなたに合うのは、食事制限+運動?それとも食事制限+エステ?一般的に有名な方法も一緒に載せていますので、ぜひご覧ください。
続きを見る